FC2ブログ

給食費払えぬ母の踊りかな

(きゅうしょくひはらえぬははのおどりかな)


DSC_0024odori.jpg

◇ 季語 : 踊り 【秋】 ・生活
    盆に迎えた先祖の霊を慰めるために人々が集まり、踊るのが盆踊り。
    昨今は娯楽的要素が強くなっている。

◇ 秋の季語ですが、YouTubeで「五輪音頭」の歌と踊りを見ていたら、
   ひょんと浮かびました。
   離婚して、病弱だった母、そんなときもありました。一回だけね。



スポンサーサイト

白南風の空気童女の手がつかむ

(しろはえのくうきどうじょのてがつかむ)

DSC_1235siro.jpg


◇ 季語 : 白南風(しろはえ) 【夏】 ・天文
  梅雨明け後に吹く南風。明るく晴れやかな気分を感じさせる(by 角川季寄せ)


短夜を臓腑まで掻く掻き毟る

(みじかよをぞうふまでかくかきむしる)

P7070001mijika.jpg


◇ 季語 : 短夜(みじかよ) 【夏】 ・時候

なんのアレルギーなのか、結局判らないまま、少しましになってきました。

縄電車運休します大暑です

(なわでんしゃ うんきゅうします たいしょです)

039always03.jpg


大暑の今日、イギリスでは南部で33度を超え、今年一番の暑さとなった。
湿度が低いので過ごしやすいものの、一般家庭に冷房が普及していないので、
暑いといえば暑い。

日本では熊谷で、44,1度という観測史上1位を記録したという。

地球が今までとは違ってきている昨今、これからの気象の動向に目が離せない。



貴兄おはす熊谷うちわ祭かな

(きけいおわす くまがやうちわまつりかな)

YouTubeで、日本のニュースを観ていたら「熊谷うちわ祭」を報じていた。
連日38℃もの猛暑で、水山車(ボトル水を沢山積んだ山車)も引かれているそうな。
二百五十年の歴史を誇る「熊谷うちわ祭」のうちわ、実は尊敬する先輩に送って頂いて手元にあり。

001kumagaya08.jpg


一人、このうちわを眺めては、悦に入っている。
なお、白いほうの団扇は、熊谷に生きられた金子兜太先生の俳句団扇である。
 「山国や空にただよう花火殻  兜太」


朗報に色めきたちて新茶かな



私が俳句のアドバイスをしている東京の友人が、賞を頂きました。
応募総数195万4223句という莫大な投句数のなか、僅か2000句の中に選ばれたとは、快挙と思う。
彼女の句の添えられた「おーいお茶」も楽しみです。私もすごく嬉しい。

huzoroi721.jpg



多産系の向日葵たちが立ちあがる

(たさんけいのひまわりたちがたちあがる)

俳句生活 ~よ句もわる句も~(夏井いつき選) 6月兼題 『向日葵』 
「天」を頂きました。

DSC_0072bl18.jpg


一句一章で、季語が動かない、向日葵でなければ成り立たない句をと知恵を絞り、
なんとか成功したように思います。
世界の国々が衰退しつつあるなか、明るい希望を向日葵に託す、そんな思いもこめて。
夏井組長に完璧に句意を汲み取っていただき、幸福です。


itsukihyohima.jpg



※ もう一句、人選を頂きました。

 向日葵に嘗め尽くされて日の細る   
(ひまわりに なめつくされて ひのほそる)

※ 季語 向日葵 (ひまわり) 【夏】 ・植物


ご挨拶


エキサイトブログ 【always over the moon】 の管理人です。
こちらは基本的に俳句専門のブログです。
私の俳句の備忘録として。。(中原久遠)

P6164108sm.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。