Click Life 24

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガリーで銀行口座をつくる

ちょっと間が開いてしまいました。
この間にあったイベントのうち、もっとも大きかったのは、銀行口座の件。
夫がハンガリーのレジデンス・カードを貰った時点で、彼の名義の口座をひらきました。
口座をひらくには、二つの顔写真入りの証明書が必要。
一つはパスポート。もう一つは運転免許証があれば良いのですが、
私も夫もそれを持たないので、ハンガリーのレジデンス・カードが必要だったのです。
過日、書いたように、私のレジデンス・カードが届いたので、夫の口座を二人の共同名義にしてきました。
これで、私にも預金が下ろせるようになり、夫の単身赴任への準備の一つが整いました。

ついでに、同日、光熱費&通信費の自動引き落としを銀行に依頼してきました。
これは、各会社からの、請求書・領収書を持参すれば、銀行の係員が手続をしてくれます。
インターネットを使って、自分でも手続ができると銀行員の娘さんが言ってましたが、
してもらったほうが楽ですね。
手続をしてから、実行まで約2週間と彼女が言ったとおり、それからまだ請求書は来ていますが、
今月半ばには、もう来なくなるでしょう。
これで、真冬の吹雪のなか、郵便局まで支払いに行かなくてすみます。
夫の単身赴任への準備、その二が完了。


DSC05325s.jpg

朝晩ヒーターをオンするほど冷え込んでいるのに、八百屋さんの店先には、まだ残りのスイカが並んでいます。
西瓜は、秋の季語。なるほど、なっとく。
ハンガリーの西瓜は、日本のと変わらぬほど甘くて美味しいです。
シーズンの初めのころは、1kg100フォリント(¥50)ほどでしたが、
今は値下がりして80フォリントくらい。タイに匹敵するくらい安いのでは・・・。



数日前、ガスの点検に来てもらいました。
ときどきガスの匂いが家に充満する、ごくたまーにですが種火が不安定になる。
以上、二点が気になっていたのです。
係員の人は、あちこちのダイヤルを廻したあと、自信たっぷりで、「ノープロブレム!」
ほんまかいな?
しかし専門家が太鼓判を押してくれたからには、これ以上、心配することもないのでしょう。
夫の単身赴任への準備、その三、完了。


一昨日、夫が胡桃の枝を伐っていたときのこと。
偶然、右隣の奥さんが庭に出てきました。
この奥さんとは、まっとうに話したことはないものの、いつも大きな声でご主人を叱っている、
怖い人と思っていたのです。
ところが! 聞いてびっくり玉手箱!

夫が、「うちの胡桃の枝がお宅の庭に飛び出て、お邪魔でしょうから、伐りました。その枝がそちらの庭に落ちてしまい、すみません」と英語で言ったところ、
「あら、ちっともかまいませんわ。うちで薪にして使いますから。」と、奥さん、流暢な英語で返した。
びっくり仰天した夫が、「素晴らしい英語だ! どちらで習ったのですか?」
奥さん「私は長く、ニューヨークで暮らしてましたの。夫がそこで亡くなったので、一人でハンガリーに戻ってきたのですよ。・・・もしもお庭の手入れに人手が必要でしたら、うちの庭師に言いつけて下さいな」

庭師!!!
ご主人とばっかり思っていた男性は、彼女の庭師だったのでした。
それでは、大声で命令していても無理はなかった。
ああ、知らないということは怖ろしい。

しかし、これはなんという朗報。
もしも、なにかあったときは、(たとえばガスの種火が消えたとか)英語の通じる彼女に相談すれば良い。
私一人で暮らしていても、それなら安心。
夫の単身赴任の準備、その四、完了。


長くなりましたが、もう一つ。
昨日、下水道工事の人が来ました。
政府の許可が下りれば、速攻で工事をしてくれるそうです。
工事は一日でぱぱっとやってしまう。費用は50,000フォリント(¥25,000)。
ただし、政府の許可が下りるのは二ヶ月くらい先になるでしょうと。
ということは、許可申請をしたのが9月後半ですから、11月後半ですね。
これは、もう夫が単身赴任をしたあとになりそうです。
許可証らしきものが郵便受けに入ってきたら、読解して(ハンガリー語が読めないので、ネットの翻訳を使い)、
工事の人に電話しなければなりませんが、まぁ、なんとかなるでしょう。

夫の単身赴任に付随して、二人で話し合わなければならない要件が数多あり、
お金が絡んだ複雑な話が苦手な私は、そのせいで体調も崩してしまい、ブログどころではない日々でした。
まだ暫く、こんな状態と思います。






スポンサーサイト

ハンガリーの長期滞在ビザがもらえました。

今日は朝から大忙し。
7時半のバスに乗って駅へゆき、そこから電車に乗って20分、ケレンフェルドにあるイミグレーションへ行ってきました。
二度目のインタビュー。今回は通訳の女性(かわいい女の子)を通し、担当官と接見でした。
質問された内容は、ここに書いてはまずいかも知れませんので割愛します。
東日本大震災当時、どこにいたのか、と訊かれたのは、担当官の好奇心だったかもしれません。
30分のインタビューののち、五年間の滞在ビザを確約してもらえました。
五年後に、まだ滞在し続けたい場合は、またインタビューを受けるのかもしれません。
これから持って歩かなければならないカードは、二週間後に郵送されてきます。
それから更に二週間後に、アドレス証明のカードが送られてくるそうです。
住民票みたいなものでしょうか。

帰り道、ケレンフェルドの駅で、ホームレスらしき老人二人が、ポリスに捕まっているのに遭遇したので、
住所があることは大事なのでしょうね。

これで大きな肩の荷が下りました。
これから夫の職も本格的に探さなければ。
お仲間の皆さまにもご心配やエールを頂き、申し訳ないやら有難いやら。
大きな力を頂きました。


一昨日、空港に行く途中、野暮用で寄ったブダペストで撮った写真をアップしますね。
夫が、私がカメラを持ち歩くを嫌がるので、ポケットコンデジで。

1)一見、大学のようですが、ブダペストの某駅の裏側です。

DSC05342bl.jpg


続きを読む »

 | HOME | 

 

★ブックマーク登録

Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice

株価&為替ボード

プロフィール

mariko789

Author:mariko789

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (53)
飲食 (26)
自然 (38)
美容・健康 (9)
経費 (7)
ブダペスト (16)
ブログパーツ (1)
フリーソフト (1)
手続関係 (2)
写真・イラスト関連 (1)
ネット関連 (6)
ファッション (2)
旅行 (12)
ハンガリー国内旅行 (4)
パソコン関連 (3)
ハンガリー語 (0)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

free

free

需給関係

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。