Click Life 24

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小堀さんとアンスマリン

今日(11日)は午後一番でシティセンターに買物に行った。
本屋さんに行ったら12時閉店で、しまった!

靴屋さんで、半額セールになっていたボア付きのスリッパ、990Ft(¥500)
衣料品店で、レンガ色の膝掛け毛布900Ft(¥450)を買う。

DSC05514b.jpg

スーパーマーケットでは、鶏肉 500g、ハムにベーコン、スナック6品、葉っぱものの野菜2パック、長ネギ、
お魚の缶詰3個、歯磨き、スパゲティ、スパゲティソース2袋を買う。

DSC05516b.jpg

本日の出費は〆て10,000Ft(¥5000)なり。
今日のお料理は、マッシュルームのスパゲティだった。
ハンバーグとスパゲティは得意なメニュー。
和食はあまり上手に作れない。ハンガリーでは材料も揃わないしね。

買ったばかりのスリッパと膝掛けは、たちまちお役立ち。あったかい。
外に出かけるときはそれほど厚着をしなくても、さっさと歩くからちっとも寒くない。
かえって汗ばんでくるくらいだ。
それより家にじっとしている時のほうがずっと寒い。


この数日、2013年1月下旬から4月上旬まで、タイ5チャンネルで放送された連続テレビドラマ、
クーカム(運命の人)をYouTubeで見ている。
さとりんさんによる日本語の字幕つき。
全24話(1話が6回に分かれていて,計1時間余)のうち、15話まで見終わった。

タイに縁のある人で、このクーカムを知らない人はいないと思う。
私は、日本語訳の本を何巻か読んだことがあるが、全巻通してないので、ストーリーが把握できていなかった。
第二次世界大戦中、タイに侵出していた日本海軍の将校、小堀と、タイの娘アンスマリンの物語。

見ていて、私が思い出したのは、あの韓国ドラマ「冬のソナタ」。
音楽の入れ方とか、演出とか、非常によく似ている。
地位も若さもある優しい男と、純情そうな顔をして気の強い女。
追っかける男に逃げまくる女。可哀相な男に可愛げのない女。尽くす男に利用する女。
最初の頃は、可愛い女優さんに、にやけた男優、と思って見ていたが、
だんだん小堀に惹かれてきた私。
アンスマリン、性格が悪いぞ! 日本の白無垢、ぜんぜん似合ってないぞ!
ひどい仕打ちをされてもされても、自分を犠牲にし,命を賭けて彼女を守ろうとする小堀。
小堀の「どうして好きなのかわからない」という台詞があったが、全くその通り。
人を好きになってしまうのは理屈ではない、感情なのだ。自分の理性では抑えがたいもの。それが恋。

しかし私たち戦争を知らない世代が、タイでのんきに振る舞っているけれど、
タイの歴史には、日本軍が残した爪痕がある。それを忘れてはならないな。
このクーカムは「メナムの残照」ともいわれ、1970年に初めてドラマ化され、
72年、78年、90年、2005年の5回リメイクされた。
映画化も73年、88年、95年。そして2013年にはテレビと映画で大ヒット。

古い物語が何度もヒットするのは、タイを代表するラブストーリーということも勿論あるけれど、
戦争のむごさを忘れるなという戒めもあるのではないかしら。
今も世界には戦火に曝されている国が沢山あるけれど、私たちの国は戦争に巻き込まれてはいけない。
それを再確認するために。

それから、日本男性はタイでモテルわけだ。小堀効果で。
タイの女性たちに言いたい。現実には小堀みたいな男性はいないって!
日本人のみならず、世界中探したって、「小堀」はいない。

◎  [日本語字幕]Khu Kam 2013(คู่กรรม)第1話(1/6)[Japanese Sub](YouTube)
ネットで見られる映画(ドラマ)情報を教えて下さっている、tomojiさんに感謝です。





スポンサーサイト

ハンドルネームを変更しました。

さきほど、こちらのブログのHNをmariko789と変更しました。
同時進行形で二つのブログで二つのHNを使い分けるのが面倒になりました。
FC2は簡単に変更できるんですね。
ちなみにエキサイトブログは、ブログタイトルは変更できるものの、HNは変えられません。

先日の「湯沸し器がない」に引き続き、我家のキッチンに無いものシリーズ第二弾。
換気扇もありませーん!
で、一昨日虹鱒を焼いたら煙がLDKに充満してしまいました。
寒いので窓を開けなかったら、今日になっても焼き魚の匂いが取れません。
カーテンにもしっかり沁みこんでしまって。
次回からは寒くても窓を開けないといけませんね。
本当は庭でバーべQにしたいのですが、一人でバーべQというのもうら寂しいでしょう。

3381130b.jpg


早いもので夫が赴任してから一週間以上経ちました。
もう貴重な半年の24分の1が終ってしまったのです。そう思うとちょっぴり焦るかな。

昨夜は、かねてから念願だった旧ブログの整理をしました。
賞味期限切れだった投稿のあらましを削除して。
7年前の投稿に、詩楽麿さんを始めyamaojiさんや与太郎さんからのコメントがあり、懐かしく読み返しました。
(ナーンさんは5年くらい前からかな?)
7年前。若かったですね、みんな・・・。
当時は、今のようにツイッターやフェイスブックもなく、ブログの全盛期じゃなかったかしら。
私も一日2回も投稿してる日が多く、いったいどんな暮らしをしていたのかと思います。
ブログが仕事みたくなっていたんでしょうね。
今はもうブログ界も斜陽でしょう?
なんにでも旬があり、落日は来るのですね。

でも私はブログは好きです。
以前と違って、アクセスを伸ばしたいとかそんな欲は一切ありませんが、備忘録として最高と思います。
それと、コメント欄で教えていただくことも多いし。
今日もコメ欄常連のTさんに「キッチンでお湯が出なければバスルームで洗えば良い」とアドバイスを頂き、
目から鱗が落ちました。
実際、野菜洗いを洗面所でお湯を使って試したところグッドでしたよ。

夫からもメールがあり元気そうです。
寮はヴィラ(一軒家)を同僚とシェアしていて、食事は三食とも会社の食堂とのこと。
私も毎日英文の復習がてら彼にメールを打っています。








パソコンで映画『麦秋』を観ました

このところ夕方からYouTubeで日本のバラエティ番組を見ていました。
句友の〇子さんから教えて頂いた『水曜どうでしょう』、一種の旅番組なのですが、
行き当たりばったり的な素人っぽさが面白いです。
女性の大食い番組も、ただただ感嘆して見ていました。
アンジェラ・アキにそっくりなアンジェラさんの食いっぷりには仰天。
見ているだけで、お腹がいっぱい、食欲減退してダイエットにも良さそうです。
『探偵!ナイトスクープ』 笑えるというより感動的なエピソードあり。

そして今夜は、小津監督の1951年作品『麦秋』を観ました。
まさか映画がそっくりパソコンで観られるとは思ってもみませんでした。
北鎌倉を舞台に、原節子や笠智衆、杉村春子など懐かしい名優の演技。
鎌倉は縁の深い町なので、懐かしさも一入でした。
このサイトはYouTubeではなく中国のサイトで、中国語の字幕スーパーがでます。
ここにリンクを張って、もしも何かに感染されると申し訳ありませんので、リンクは張らずにおきますね。
私も、いったん切って、次にまた入ろうとしたら、ログインしなければ入れなくなっていました。
会員制なのかもしれません。

2421205b.jpg


部屋の模様替えも一段落付き、山のように積んであった大洗濯も、あと一回分を残すのみ。
これから半年間の自由時間の使い道を考えなければ。
思えば半年間も、自由に時間が使えるというのは生まれて初めての経験です。
学校にも会社にも行かなくてもよい、お稽古事もなにもない、近所に知人すらいない。
今までは、夫が単身赴任していても、学校やお稽古事には通っていたのです。
ここでは、そんなチャンスもありません。
電車には絶対に乗ってはいけないと夫から禁止令が出ていますので、ブダペストにすら行けないですし。
じつは、ブダペストの駅で一度、男性に突き飛ばされたことがあるのです。
それで夫が物凄く怒って。ちょっと大変な騒ぎになりました。
私は小柄ですし、東洋人ですので、侮られてしまうのかもしれません。
白人社会ですから。
私は別に人種差別されても慣れていますので、それほど気にならないのですが、
トラブルはないに越したことはないですね。
寒いですし、家の中と近所だけで、半年間、安全に過ごすプランを練らなければ。
まず、せっかくですからハンガリー語の勉強をしたい。
それと家の中でできる運動をしなければ。
中断しているイラストの練習も再開したい。

と、また欲張ったスケジュールを立てて、
いつもどおり「時間がない、時間がない」と言い暮らすのも残念な気もします。
のほほんと暮らす絶好のチャンスだというのに。
さて、どうしたものやら。






風天(渥美清)さんの俳句に、しびれる!

昨日の午後、二日連続で待ちわびていた本、6冊が到着しました。
いま泣いたカラスがもう笑った、いっきに盆と正月がいっぺんに来たような心地。
そういえば、、もうすぐお盆ですか?

若いM君に、「はるばる日本から本が届いたことに感謝しなければいけないよ、文句ばかり言ってないでさ」
と、たしなめられてしまい、ぎゃふん!

言訳をさせて頂けば、ほら、化粧品の、代金を払ったのに届かなかったというアクシデントがあったばかりで、
またか!と思ってしまったのね。みっともなく騒いで、反省デス。

たったいま、メールを確認したら、アマゾンの担当者から、「調査してメールでお返事します」と返信が入っていました。
速攻で、届きました、すみません、とメールしておきました。
クレジットカードも、8冊分全額落ちていて、これにて一件落着。

さっそく森 英介著 『風天 渥美清のうた』を読んでいます。
風天(渥美清さんの俳号)さんの俳句は、大歳時記にも掲載されているんですね。

お遍路が一列に行く虹の中   風天

他にも私好みの句がたくさん。
以前からずっと渥美さんのお人柄に惹かれていたので、
たぶん私の好きなタイプの句を詠まれると予感していたのです。

赤とんぼじっとしたまま明日どうする       風天 (山頭火をほうふつ)

花びらの出て又入るや鯉の口           風天

閉ざされし茶亭(ちゃてい)すだれのほつれかな  風天

なが雨や銀の帯ひく蝸牛             風天 (この景はいつも庭で見ています)

秋の野犬ぽつんと日暮れて            風天 (破調が効いていますね! ←私見)

たけのこの向う墓あり藪しずか          風天 



いいですよねぇ~~~
まだ半分も読んでいないのですが、残り頁が薄くなるのが残念!

続きを読む »

Amazon で8冊注文した本が2冊しか届かない

今日は朝から楽しみにしていたのです。
注文した8冊の本の配送日でしたので。

DHLの配達は来ました。
が、届いたのは2冊のみ。

DSC051810718.jpg

あとの6冊は、どこへいってしまったのでしょう。
トラック機能で追ってみました。
すると、代金が払われていないので、ブダペストで留まっていると判明。

capture-20130718-170550.png


夫のクレジットカードの支払い記録を確認すると、
2冊分の代金は落ちていますが、6冊分は夫の支払い依頼はあるもののまだ落ちていません。
アマゾンのプロセスが滞っているのではと夫は推測していますが。


私は、ちゃんと8冊分の代金をいっぺんにクレジットカードから落とすよう、手続したのに!!

こんな事態になるのが、いやだから、

一括配送して下さい

というところに、◎をつけて、お願いしたのです。

それを無視して、
「少しでも早くお届けしたいので、準備ができた6冊を先に送りました」
とメールが来た時は、嫌な予感がしたのです。
実際は、後から出荷したという2冊が先に届いたというのも頷けません。

ここは ハンガリー ですよ!

日本国内じゃあるまいし、海外なんだから、一括配送しなくちゃトラブルの元になると、小学生でも分かるでしょうに!!!!


80冊、オーダーしたわけではない、たった8冊を2つに分ける必要は果たしてあったのでしょうか。
それとも夫の銀行の手違いなんでしょうか。

さきほど、事情を アマゾンの苦情センターにメールしましたが、6冊の本はいつ届くのでしょうか。
夫は銀行にも問い合わせてくれましたが。


もう二度と、アマゾンでは買物しません。
懲りました。








 | HOME |  古い日記に行く »

 

★ブックマーク登録

Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice

株価&為替ボード

プロフィール

mariko789

Author:mariko789

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (53)
飲食 (26)
自然 (38)
美容・健康 (9)
経費 (7)
ブダペスト (16)
ブログパーツ (1)
フリーソフト (1)
手続関係 (2)
写真・イラスト関連 (1)
ネット関連 (6)
ファッション (2)
旅行 (12)
ハンガリー国内旅行 (4)
パソコン関連 (3)
ハンガリー語 (0)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

free

free

需給関係

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。